引越しについて

新しいお家が決まったら、次に考えなくてはいけないことが引越しです。引越しの流れをつかむことが必要です。
引越しは、まずどうやって引越しをするか引越しの方法を考えなくてはなりません。自力で行うか、引越し業者に頼むかです。引越し先が近かったり、荷物が少ない、大きい荷物がないという人は自力で引越しを行ってもいいかもしれません。

しかし、引越し業者料を節約しようと荷物が多かったり大きな荷物があり、友達に手伝いを頼む場合は要注意が必要です。手伝ってくれた友達にお礼をあげる費用や、または運ぶ際に部屋を傷つけてしまって修復代にかえってお金がかかってしまってはせっかく引越し費用を節約しても意味がありません。

大きな引越しは、引越し業者に頼むことをおすすめします。引越し業者に頼むことが決まったら、どこの業者に頼むかを決めなければなりません。
安くて質の良い引越し業者を選ぶには、ネットなどで引越し業者の一括比較サイトを利用するのが便利です。引越しの1か月~2週間くらい前になったら、転居届や国民健康保険、役所の手続き関係を行いましょう。電気会社やガス会社、水道会社などに連絡も忘れずに。

また、少しずつ引越しの荷造りも始めましょう。粗大ごみや不用品の処分は早めに行いましょう。引越し日当日には、引越し業者に指示をしなくてはなりません。

また、賃貸なら退去後の掃除も必要です。電気・水道を始めるには、立ち合いはいりませんがガスだけは開栓時に立ち合いが必要となります。
引越し後には、引越し先の役所に転入届が必要となります。その他書類(運転免許証など)の住所変更が必要となります。

リフォームの事ならなんでもOK!